福留光帆のAKB48卒業理由5選!ニートを経てノブロツクTVで大バズり|大喜利の逸材と話題に

福留光帆のAKB48卒業理由5選!ニートを経てノブロツクTVで大バズり|大喜利の逸材と話題に

元AKB48のタレント「福留光帆(ふくとめみつほ)」さんが、大ブレイクが間近だと話題になっています。
きっかけはノブロックTVというYouTubeチャンネルの出演で視聴者に大人気となったことです。

ノブロックTVで明らかになった大喜利の切れ味とボートレース愛誰もが驚きファンになった人が続出しました。

「なぜせっかく入ったAKBを辞めてしまったんだろう」と疑問に思う人が多いようです。

このブログ記事では、福留さんがAKBを辞めた理由についてまとめてみました

スポンサーリンク
目次

福留光帆さんがAKB48を卒業した(辞めた)理由

福留光帆さんのAKBの卒業理由は、年齢がアイドルとしての旬を過ぎてしまったこと、歌と踊りが苦手だったこと、尼崎の実家から東京に通うことに限界を感じていたことが主なものです。
そして、新しいことに挑戦したい(具体的にはボートレース関連の仕事)、受け身ではなく自分から発信していきたい(具体的にはユーチューブ)と考えたからです。
本人が雑誌のインタビューや自身のユーチューブでこのようにコメントしています。

理由1 自分の道は自分で切り開きたいと思ったから

雑誌「週刊実話」の2023年11月14日のインタビューで回答

画像:週刊実話

福留光帆さんは、2023.11.14発売の雑誌「週刊実話」のインタビューで、AKBの卒業理由を聞かれた際に次のように答えられています。

このインタビューは、ノブロックTVに出演する前のインタビューですので、大喜利で有名になる前のものです。

AKBにいる間はどうしても受け身になっちゃうんです与えられた仕事をこなすだけ、みたいな。家族のこともあり兵庫から東京に通っていたのですが、他のメンバーはどんどん上京する中、「このままではダメだ」と思うようになりました。自分からいろいろと発信したい、挑戦していきたいという気持ちも芽生えてきて、AKBだけじゃなくアイドルも卒業しようと決めました。

引用:週刊実話WEB

要約します

・仕事を受け身ではなく能動的に取り組みたい
・与えられた仕事だけをするのは嫌で、やりたい仕事を自分でつかみ取りたい
・そのためには、AKBとアイドルを同時に卒業して、自分で考えて新しいことに挑戦しよう

また今後の目標を次のように語られています。

私としては、この趣味を生かしてレース番組のレポーターやインタビュアーなど、今後はボートレースをメインのお仕事にしたいんですよね!!

引用:週刊実話WEB

永年の願いがかなってやっとなれたアイドル、厳しいオーディションを勝ち抜いて手に入れたAKB48の地位をわすが2年10か月であっさりと手放してしまう潔さと決断力、行動力には驚かされます。

YouTubeチャンネル「福留光帆~フクトメミツホ~」の2024年2月2日の動画にて

画像:YouTube

自身のYouTubeの中では、自分の言葉で次のように話しています。

・18歳という年齢がアイドルとしてはピークの年齢で、自分の全盛期に辞めたいと思った
・歌とダンスが好きだったがあまり得意ではなかった
・大阪の実家から東京に通ってのアイドル活動を続けていことに限界を感じた
・コロナが流行ってしまい、アイドルとしての実績を積めずに時間を浪費してしまった
・このままではだめだと思い、辞めようと決めた

まだ18歳という若さでこの決断ができるなんてすごいですね。

理由2 周りに合わせよう、空気を読もうとしない性格だから

画像:YouTube

福留光帆さんは、自身のYouTubeチャンネルのこの動画の中で、小学生・中学生時代の自分について次のように語っています。

・空気の読めない性格だった
・ヘラヘラしているように見られがちだった
・同年代の女の子たちにあまり好かれなかった
・能天気な(楽観的な)性格だった
・周りの人から攻撃されやすい、いろいろと言われやすい性格だった

空気を読んで自分を押し殺したり、無理にまわりの人に合わせたりしない性格だと自分を分析されています。

AKB48という同年代の女の子たちがたくさんいる大きなアイドルグループの中では自分の良さを発揮できないと無意識に感じて、卒業することを決断したのかもしれません。

スポンサーリンク

理由3 自分の強みはここでは生かせないと本能的に察したから

視聴者は、福留光帆さんのノブロックTVでのパフォーマンスを見て次のようなコメントをしています。

・芸人とのフリートークがめちゃめちゃ面白い
・アイドルの枠を超えている
・20才という若さでしかも女性でボートレースが趣味なんて渋すぎる
・愛想笑いはしないけど、笑った時に目が三日月形になる表情がいい
・大喜利のキレがすごい
・どうしてAKBで人気が出なかったんだろう

AKB48もバラエティ番組でコントやお笑いをやりますが、コロナ禍で活動がリモート中心になってしまい福留光帆さんの良さが出せなかった可能性が高いと思われます。

「このままでは私は輝けない、もっと輝ける場所へ行こう」という気持ちがあったのかもしれません。

理由4 AKBのメンバーからハブられたつらい経験があるから

福留光帆さんは、2024年2月16日公開の自身のYouTubeチャンネルの「私のハブられ過去をお話します」という動画の中で、ハブられた(いじめられた)つらい過去を明るく語っています。

動画の中で、ハブられた経験として

・中学2年の部活(ソフトボール部)でハブられた(無視された)
・中学2年のクラスでもハブられた(クラスと部活のダブルパンチ)
・中学3年1回目。学校中の女子からハブられた(原因は濡れ衣といいがかりだった)。Xで悪口を拡散され、全身にじんましんが出るほどつらかった
・中学3年2回目。言ってもいない悪口を言ったとデマを流された。いじめの内容は、LINEで悪口を言われる、クラスメイト達が自分の目の前で聞こえるように1時間も悪口を言い続けて笑う、グループLINEを辞めさせられるなど。つらくて学校に一週間行けなくなった

いじめは中学の時だけで高校ではなくなりました。でもAKB48の活動中、メンバーからハブられたつらい経験も語っています。
下の動画をクリックすると、AKB48でのハブられた話が始まります。その部分は約3分間です。

目次