【ブレイキングダウン】有馬雄生は柔道のインハイ優勝経験者!経歴とどんな人かまとめ

2024年2月18日に開催されるブレイキングダウン11に【有馬雄生】(ありまゆうせい)さんが出場します。
有馬雄生さんは、柔道インターハイ2019年の73㎏級の優勝経験があるガチの猛者です。

この記事では、有馬雄生さんのこれまでの経歴とインハイ優勝について詳しく見ていきます。

【追記】2024年2月18日、試合結果と内容を追記しました!NAO選手の判定勝利です!

スポンサーリンク
目次

本戦の対戦相手は、「NAO」(ナオ)選手

対戦相手はNOA選手 MMAルールでの対決

有馬さんは第三試合に出場し、「NAO」(なお)選手と対戦します。

オーデイションでは、樋口武大(ひぐちたけひろ)さんとMMAルールでの対戦が決定していましたが、急遽、樋口さんからNAOさんに対戦相手が変更になりました。
オーディションの最中に樋口さんは、参加者の一人に絡まれ投げられた際に左肩を脱臼して全治2か月の怪我を負ってしまったためです。

トラスト

樋口さんが気の毒!
MMAルールで有馬さんと闘うの楽しみにしてたのに

ミックス

有馬雄生さんとの試合に勝って、前回の負けを取り返したいと言っていたのに無念でしょうね

NAO選手は、あの才賀紀左衛門選手の弟子だった

プロ格闘家の才賀紀左衛門選手は、自身のYouTubeチャンネルでNAO選手のことを「弟子」として紹介。
NAO選手が得意ではない寝技に持ち込まれ、関節技での怪我を心配する優しい一面を見せています。

NAO選手は、オーディションの時と違って、とても礼儀正しい好青年の印象です。

朝倉さんの有馬さんへのコメントまとめ

朝倉さんが有馬雄生さんに大きな期待をかけていることが、朝倉さんのコメントにも表れています。

コメント
  • 彼はブレイキングダウンのニュースター候補
  • 柔道インターハイ優勝の実績はバケモノ(喧嘩とはレベルが違う)
  • RIZINやUFCへの出場を目標に掲げているが、それが口だけではない実力、実績がある選手
  • ブレイキングダウンからRIZINへのし上っていってほしい。有力候補です
  • 彼のような実績のある選手がブレイキングダウンに出てくれるのは嬉しい

2024年2月18日追記・試合結果

延長の末、NAO選手が判定で勝ちました!
NAO選手は、MMAが初めてにもかかわらず、有馬選手のテイクダウンから何度もエスケープし体幹の強さを見せました。
また、右ストレートもきれいにヒットさせ、有馬選手の腰がおちかけるシーンもありました。

有馬選手、NAO選手お疲れ様でした。

有馬雄生(ありまゆうせい)さんのプロフィール

プロフィール

・6才で柔道を始める
・父親が柔道の先生で父親から柔道を教わった
・同市にある「天王柔道スポーツ少年団」に入った
・中学は、秋田県潟上市の公立中学「天王中学校」に進学
・高校は、柔道の超強豪校「東海大学付属相模高校」に進学
・大学は、東海大学体育学部武道学科に進学し、体育会柔道部に所属
・柔道を活かした就職も検討したが、「(未来を)自分でつかみ取る」ことを決意し
・ブレイキングダウンに参戦

中学時代から実力者だった

下の画像は、有馬さんの中学時代の寝技スパーリング動画でのワンショットです。
中学時代からすでに全国レベルの選手のようです。
動画ではキレキレの動きをみせており、格上の選手相手に一歩もひけをとっていませんでした。
ちなみにこの寝技スパーリングの相手は、「和久巧凌」選手でのちにレスリングに転向する強い選手です。

スポンサーリンク

2019年の柔道インターハイ 男子個人73㎏級で優勝!

インターハイ優勝!

高校は、柔道の超強豪校である「東海大学付属相模高校」に進学。
高校3年の夏、2019年8月10日に鹿児島アリーナで行われた「全国高等学校総合体育大会/柔道競技大会」いわゆる「柔道インターハイ」の【男子個人 73㎏級】で優勝されました。

有馬さんが1本をとった技は「やぐら投げ」という技です。
実戦できまることがあまりない大技です。


有馬雄生さんのXからもう一つ(面影はありますが初々しいです)

引用:有馬雄生さんのX

インターハイ優勝ってどれくらいすごいのか?

インターハイは、一年に一度行われる高校生の体育大会です。
地区予選で優勝し、さらに県大会予選で勝ち進み優勝して県の代表になって初めて出場できます。
インターハイでの個人優勝とは、全国48都道府県の代表の猛者たちの頂点ということです。

朝倉さんが「バケモノ」というのも決して大げさではありません。下のようなトーナメント表を勝ち上がっての優勝点です(画像は令和元年の物)

高校生の柔道人口が、約17000人といわれています(ホームメイト柔道チャンネルを参考)。
体重を別にすれば、17000人のトップとも言えます。

トラスト

彼らは、毎日倒れるほどの猛練習を積んでいます。トップ選手のフィジカルとスタミナは尋常ではありません。

ミックス

トラストさん、柔道について詳しいんですね

トラスト

実は高校3年間、部活で柔道をやってまして。
得意技は受け身で、試合相手にメンチきられて真っ先に目をそらしてしまう超ヘタレでした。私からしたら有馬雄生は神です

亡きお父様との誓い

ブレイキングダウンのオーディション終了後、朝倉海さんからのインタビューで次のように語っておられました。

・柔道は6才から始めた
・父親が柔道の先生だった
・一人っ子だったが、父親を高校2年の冬に亡くしている
・その時「インターハイで優勝する」と誓い、高校3年の夏の大会で優勝した

【追記】動画・インターハイで優勝した時のまとめ動画

YouTubeに有馬さんがインターハイで優勝した時のまとめ動画がありましたのでご紹介いたします。

目次