水原一平氏が賭けていたスポーツ賭博とは?合法と非合法の2種類あり|資金はどうしていた?

水原一平氏が賭けていたスポーツ賭博とは?合法と非合法の2種類あり|資金はどうしていた?

水原一平氏が賭けていたのはスポーツベッティングといわれるものです。

スポーツベッティングには合法のものと非合法のものがあります。ここではそれらの違いについて詳しくご説明いたします。

スポンサーリンク
目次

水原一平氏がやっていたのはスポーツベットだった

アメリカンフットボールの画像

水原一平氏は、野球を除く、サッカー、NBA、NFL、大学フットボールなどのスポーツ賭博に資金を投じていたとのこと。

『ロサンゼルス・タイムズ』によると、水原氏は大谷の資金を使い、連邦当局の捜査を受け違法とされるブックメーカーでスポーツ賭博を行い、大谷の代理人弁護士から「大規模窃盗」の疑いで告発されたという。

『ESPN』によると、その金額は少なくとも450万ドル(約6億8000万円)。大谷は違法賭博に関与しておらず大規模な窃盗の被害者とし、さらに水原氏の違法賭博を知った大谷は「二度と同じことをしないように」と注意勧告、「彼は借金返済を手伝うことを決めた」という同氏のコメントを掲載した。なお、同紙によると水原氏は違法という認識がなかったとし、野球を除く、サッカー、NBA、NFL、大学フットボールに賭けていたという

引用:マイクロソフトニュース

アメリカのスポーツベットとは

アメリカのスポーツベットとは

・スポーツベットは、世界中のほぼすべてのスポーツに賭けることができる
・好きなスポーツを観戦しながら、その結果に賭けをすることが可能
・ブックメーカーと呼ばれる政府公認の企業を利用する
・スポーツベッととは、ブックメーカーを介してスポーツの結果に賭ける行為(ギャンブル) 

スポーツベットと日本の公営ギャンブルとの違い

・アメリカのブックメーカーは民間企業が運営していますが、日本の公営ギャンブルは公益団体が管理しています。
・日本の多くの公営ギャンブルは地元の都道府県などの行政によって運営されます。公営ギャンブルでは運営側が損をすることはありません。
・アメリカのブックメーカーでは運営側が損をする可能性があります。
・日本の公営ギャンブルは、競馬や競輪、競艇など限られていますが、アメリカのスポーツベットは、あらゆるスポーツを対象としています。

ポーカーの画像

スポーツベットは違法なのか?

アメリカのスポーツベットは、州単位で規制されています。

米国内の約40州で合法ですが、大谷翔平選手や水原氏が拠点を置くカリフォルニア州では違法となります。

水原一平氏が「違法という認識はなかった」と言っているのもこのあたりに要因があるのかもしれません。

スポンサーリンク

資金はどうしていたのか?

資金は胴元からの借金

通常の場合は、当然ですが手持ちの資金以上を賭けることはできません。

手持ちの資金がなくなってしまった場合は、誰かから借金をして資金を準備してからでないとベット(ギャンブル)を続けることができないわけです。

報道では「水原氏の借金は少なくとも6億8千万」とあります。この借入先は、大谷翔平選手や銀行などの金融機関ではなく、胴元からの借金であると推測されます。

つまり、胴元としては水原一平氏が大谷翔平選手の通訳であることを認識していて水原さんに「資金がない状態」でベットをつづけさせていたものと思われます。

水原氏が返済できなくても背景に大谷翔平選手がいることを考慮して、「飛ばれるリスクは少ない」、「資金は回収できるだろう」という思惑があったのではないでしょうか。

次のような報道もありました。大谷翔平選手が水原氏の借金の肩代わりをしたのかしていないのか、はっきりしないようですね。

ESPNによると、水原氏は「当然、彼(オオタニ)は喜んではいなかったが、私が2度としないよう助けると言った。彼は肩代わりしてくれることを決断した」とも語っている。

 ただ、後に大谷のスポークスマンが水原氏の言い分を否定。水原氏もこの発言を撤回している。

引用:fullCount

また、スポニチアネックスではつぎのような報道もあります。

ESPNによれば、大谷の銀行口座からボウヤー氏の関係者に複数回、送金されていることを確認。少なくとも昨年9月と10月の2度、50万ドル(約7600万円)ずつ大谷の口座名で同氏に送金されているという。

引用:Yahoo!ニュース

【追記】胴元が賭博資金を貸すことは違法

適法なブックメーカーは利用者に賭博資金を貸し出すことはありません。

利用者に賭博資金を貸し出すのは違法なブックメーカー・胴元です。そして胴元が賭博資金を貸すのは、「間違いなく回収できる」という見立てがあるからです。

水原さんが大谷翔平選手に近しい関係にあることから、大谷翔平選手から回収できると踏んだのかもしれません。

米全国紙「USAトゥデイ」によると、水原氏がかかわったブックメーカーが違法な組織を運営していたため、水原氏は“つけ”で賭けができ、負債が高額になった政府に認可されたスポーツブックメーカーはすべて、賭け金は前払い式だと説明する。米スポーツ局「ESPN」の取材に対し、水原氏は「ずっと負け続けた。雪だるま式だった」と述べている。

引用:fullCount
スポンサーリンク

水谷一平氏のコメント

ドジャース球団の広報担当者がセットした、メディアであるESPNのインタビューに対しての水原一平氏のコメントが以下になります。

「明らかに彼(大谷)は本件に満足しておらず、二度とこのようなことをしないように私を助ける(借金を補填する)と言った」

引用:Yahoo!ニュース

「翔平が賭博に全く関与していなかったということをみんなに知ってもらいたい。私がこれが違法であるとは知らなかったということを知ってほしい。私は苦労して教訓を学んだ。スポーツ賭博は二度とやりたくない」

引用:Yahoo!ニュース

大谷翔平選手が水原氏に資金を渡さずにボウヤー氏側に直接支払ったのかという質問に次のように答えています。

「翔平はお金に関して私を信頼していない」
「翔平は私にギャンブルでお金をなくしてほしくなかった」

引用:Yahoo!ニュース

大谷翔平選手の対応は

大谷翔平選手のメンタルが心配になります。

全幅の信頼を置いていた身近な人に結果として「裏切られてしまった」わけです。

大谷翔平選手のことですから、「彼を救えなかった」「どうにかできなかったのか」と自分を責めないとも限りません。

大谷翔平選手の側に真美子夫人がいてくれて本当に良かったと思います。

ドジャース球団としては、「話すことはない」とマスコミの取材には応じていないようです。そうなるとこの件での大谷翔平選手個人の会見もなさそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

水原氏が関与していたとされるスポーツベットについてまとめてみました。

最後までお目通しいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
目次